庚年四化

あけましておめでとうございます・・・と言いたいところではありますが、西暦2020年1月1日は、まだ新年ではありません。
紫微斗數でいう新年は太陰暦の元日(春節)であり、2020年1月25日から始まります。

それでは庚子年の流年四化を確認しましょう。

太陽化祿

太陽は光明の星宿で、博愛・大方(気前がいい)・慷慨(物惜しみしない)の象徴です。
ですから太陽化祿は、入った銭財がすべて手元に残るということにはならず、必ず部分的な損失があります。
これが「太陽主貴不主財」といわれるゆえんで、化祿は地位名声が増加します。

太陽化祿は、廟旺時は事業上の名声が素晴らしいのですが、落陷時は栄光は一度きりで長続きしないか、虚名です。
しかも羊陀火鈴の沖破があると、化祿は無用となります。

行限が太陽化祿に巡れば、事業上で努力して財禄を求めることになります。
また増資拡張にも適し、名利双収が期待できますが、辛労は免れません。

武曲化權

武曲化権は、実権を掌握することができます。
行動に迫力があり、気力が充満し、才能は際立ち、理想の実践家となって、権柄を握ります。
なので事業上で新しい道を切り開いたり拡張を目指したりするのに適し、成果がはっきりとあらわれます。

武曲は財星ですから、化權が付くと、得財能力もアップします。
しかも銭財獲得を願えば願うほどに多くの財が入ります。
しかし欲望が強くなりすぎると、思わぬ落とし穴が待っているかもしれません。
特に空劫が同宮している人は、破産の恐れがあります。何事もほどほどがちょうど良いのです。
羊陀同宮は配偶者不利で、孤独に陥ります。

太陰化科

太陰は水に属し、水は「智慧」を象徴します。化科は「功名」を象徴します。
ですから太陰化科は、才能の表現力が増し、それによって有名になれる可能性があります。
学術研究などによって修養に励むのに適し、有力者の助力を得ることもできます。

もっとも、太陰は輝度の落差が激しい星曜なので、その点に注意しなくてはいけません。
陷地化科は「破科」といい、メリットはありません。

天同化忌

天同は福星で、解厄の力量があるため、あまり化忌を恐れません。
化忌の衝撃による影響は小さい傾向にあり、入廟であれば微々たるものと考えていいでしょう。
それでも落陷で羊陀火鈴が加われば、受ける被害はどうしても大きくなります。

天同化忌は感情方面に困惑を生じやすく、命宮三方や福徳宮にある人は注意が必要です。
また疾厄宮にある人は、腎臓や膀胱など泌尿器系の病気に注意しなくてはいけません。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 紫微斗数へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

下坂信雅
2020年01月13日 23:46
本年度も見ていただきたいのですが、可能でしょうか。
観鑑堂
2020年01月15日 19:03
下坂様

コメントありがとうございます。
本の出版を目指して、一昨年より原稿を書き溜めています。
空いた時間のほとんどをライティングにつぎ込んでいます。
そのため、鑑定は、私が必要と判断した方のみ行っています。

私以外にも紫微斗数鑑定を行っている方はたくさんいると思います。
そうした方々に鑑定を依頼なさったらいかがでしょう?